秀衡特上箸(朱)

価格: ¥5,500 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

サイズ :(朱)長さ22,5㎝×8mm
重量  :7g
木材  :アテ
技法  :花塗り


アテの木に本漆をただひたすら8回塗り重ね、金箔で四つ菱を貼り、箸先に滑り止めをつけております。どちらも仕上げに生漆で、箔止めと滑り止めとしてさらに塗り重ねております。
基本的に2本入り(黒&朱、黒&黒、朱&朱)で販売しております。
黒よりも朱が若干短くなっております。

大切な方へのプレゼントやお返しとして、また、ご夫婦でご自宅用として、下地からすべて漆で塗り重ねられたお箸をお楽しみください。

下地

木地師が木地を完成後、生漆を2回ほど塗り、木地に十分漆を染みこませていく。
凹凸ある木口には、砥の粉と漆を混ぜた錆を使い、ヘラで平らに整えていく。

上花塗り

漆を5回ほど漉しゴミやほこりを除いた上塗り漆を刷毛で少し厚みを残しながら均一に塗っていく。
塗り終えたら、先を尖らせた竹棒などを使い、塗り面に付いたゴミをすくい取り除いていく。
特に難しい工程のため上花塗り専門の職人がいる。

地塗り

金箔をはるために、秀衡雲紋様を描く。
塗り厚は薄く凸凹なく均一に、筆のはらいやかすれを活かし、描いていく。

金箔はり

地塗りの固まり具合をみながら、秀衡塗の象徴<菱形・短冊>の金箔を四ッ菱状に手作業で置いていく。
金箔はデザインに合うサイズに、職人自ら切りそろえる。

秀衡特上箸(朱)

5,500円(税込)

数量:

ページトップへ